ABOUT | 自由飲酒党 公式BASE

ABOUT

自由飲酒党公式BASEです。
自由飲酒党(商標第6061055号、商標第6290933号)は、チャリティーTシャツなどの販売利益全額を、将来の酒飲み(子供たち)のために寄付する活動をしています。
そのため、事務局運営は全て「刑務作業」と呼ばれるボランティアにより行われています。
自由飲酒党商品をご購入になると、この活動の一助になります。
今年も、「少しだけよい事したね!」と言える夏にしましょう!

近年の寄付実績:
■平成28年
熊本・大分の地震に対する物品購入等(震災で夏休みの授業を余儀なくされたため、小学校のスポットクーラー10台と復興花火大会への寄付)にさせていただき、産経新聞にも紹介されました。
■平成29年
「東日本大震災みやぎこども育英募金」と連絡を取り合い、9/22付で収益金の全額【557,659円】を寄付いたしました。
■平成30年
村上水軍の小早船の伝統がある因島では、平成2年に因島水軍まつりが始まり小早船を6艇を建造。その後の市町村合併に伴いらに6艇を建造。しかし船の老朽化や腐食が激しく使用可能な船の減少から、クラウドファンディングや寄付金で再建を進めています。平成30年度は建造費の不足分を自由飲酒党が【702,506円】ご支援し『わたつみ』が建造されました。『わたつみ(海神)』は、伝統を尊重しながら自由飲酒党が命名させていただきました。
T2018ご購入の党飲の力が最後の一押しとなり、多くの子供たちに勇気と笑顔を届けさせていただけたと思います。
■令和元年
総製作枚数706枚を完売した利益にあたる【850,220円】を使用し、建築家 安藤忠雄氏が建物を寄贈した「こども本の森 中之島」へ、アルヴア・アアルトの椅子28脚を寄贈いたしました。椅子の選択は、安藤忠雄氏ご自身に行っていただきました。これらの活動は、毎日新聞でも紹介されました。
■令和2年
陸前高田市の津波痕の海岸線170kmに桜を17,000本植樹する事業 に、苗木と植樹する際にかかる費用60本分【1,080,000円】(煩悩の数の1万円札)を寄付いたしました。